SpeedPack

あなたはSPeed Pack CPassを活用してリターンラベルを作成する方法、リターン料金表を確認する方法をご存じですか?本記事では、公的機関で国際化支援アドバイザーである著者が2023年11月から導入されたSPeed Pack CPassを活用して発送した場合のリターンラベルを作成する方法、リターン料金表確認する方法を解説させていただきます。

【越境EC/eBay輸出せどり】SPeedPack CPassを活用したリターンラベルの作成方法、リターン料金表を確認する方法[完全保存版]

スピードパックは、迅速かつ効率的な国際配送サービスとして広く利用されています。

荷物の返品を含むすべての配送プロセスにおいて、スピードパックを使用することで、返品プロセスが簡素化され、返品リクエストへの対応も迅速に行うことができます。これはセラーにとって大きなメリットとなります。

SPeedPack - Ship via Fedex

SPeedPack - Ship via Fedexについて詳細を知りたい方はSPeedPack - Ship via Fedexをご覧ください。

SPeedPack - Ship via DHL

SPeedPack - Ship via DHLについて詳細を知りたい方はSPeedPack - Ship via DHLをご覧ください。

SPeedPack CPassを活用したリターンラベルの作成方法、リターン料金表を確認する方法[動画解説]

【目次】
00:00:00 はじめに
00:00:25 SpeedPak CPassを使ってFedeX、DHLで発送
00:00:55 リターンラベルを作成する方法
00:01:25 グローバルリターンサービス
00:03:10 リターンの料金表を確認する方法
00:05:50 Fedexの料金表をダウンロードする
00:06:35 DHLの料金表をダウンロードする
00:08:43 おわりに

Orange Connect グローバルリターンサービス

バイヤーからの返品リクエストがあった場合、迅速な対応が求められます。リクエストの受け入れから返品手続きの説明まで、クリアで簡潔なコミュニケーションが重要です。

最初は英語のマニュアルのみでしたが、日本語マニュアルも提供されるようになりました。日本のセラーも手順を容易に理解できるようになりました。

リターンプロセスは、具体的にはフェデックスを例にして説明されています。国際的な返品もスムーズに行えるようになります。

eBay SpeedPAK –グローバルリターンサービス

グローバルリターンサービスの詳細について詳細を知りたい方はグローバルリターンサービスの概要をご覧ください。

グローバルリターンサービスの前提条件

  • 日本からSPeed Pack CPaSSを活用して配送した貨物に限定されています。
  • オーダーのステータスは「配送済み」ステータスであること。

グローバルリターンサービスの連絡先へ連絡を行う

リターンラベルを作成したい場合は、セラーが以下の連絡先に連絡を行います。リターンラベルの作成がメールで簡単に行えるため、返品プロセスがより効率的になります。

  • メールアドレス: CS.JP@OrangeConnex.com
  • 電話番号: +81-50-6864-8002
  • 受付時間: 9:00-18:00 Mon-Sat

リターンラベルとコマーシャルインボイスを受領、バイヤーへ送付

すると、オレンジコネクト社から、必要なリターンラベルとコマーシャルインボイスがメールで送られてきます。

セラーはこれをバイヤーに送付します。

バイヤーから返送

バイヤーは提供された書類を使って、荷物をフェデックスを通じて返送します。

リターン料金表を確認する方法

オレンジコネクト社のシステム内のセラーポータル内でリターン料金表を検索することができます。これにより、料金の確認が簡単にできます。

Fedex、DHLリターン料金表のダウンロード

オレンジコネクト社のオンラインチャットを通じて、料金表ダウンロードの手順を受け取ることができます。

ダウンロードされた料金表には、通常の料金とリターンシッピングレートが記載されています。これにより、費用計算が明確になります。

これにより、セラーは料金を比較しやすく、最適な配送オプションを選択することができます。

まとめ

いかがでしたか?本記事では、公的機関で国際化支援アドバイザーである著者が2023年11月から導入されたSPeed Pack CPassを活用して発送した場合のリターンラベルを作成する方法、リターン料金表を確認する方法を解説させていただきました。

このように、越境ECセラーにとって返品処理は避けて通れない課題ですが、適切な情報とシステムを利用することで、返品プロセスをスムーズかつ効率的に運営することが可能です。

ぜひ、参考にしてください。