Ship&Co

【eBay輸出】輸出入マルチプレイヤー向け送り状作成ツール Ship&Co

あなたは輸出入プレイヤー向けの送り状作成ツール Ship&Coを知っていますか?本記事ではShip&Coの使い方、実際に使ってみた感想、メリット、デメリットを解説させていただきます。是非、参考にしてください。

マルチチャネル送り状作成ツールShip&Coの動画解説

5分の短編動画で使い方、メリットを解説しています。

Ship&Coとは?

Ship&Coは京都のネットショップが自社開発した出荷管理システムです。開発元は、株式会社BERTRAND(ベルトラン)というBENTOを世界へ発信した企業です(これは以前メディアに露出されていた記憶があります)。

出典: https://www.shipandco.com/ja/

使えるプラットフォームは?

Ship&Coプラットフォーム

輸出プレイヤーにとっては

  • eBay
  • Shopify
  • Amazon があれば充分です。

輸入プレイプレイヤーにとっては

  • Amazon
  • Yahoo Shopping
  • 楽天、COLOR MEなどがあげられます。

連係する運送会社は?

  • 日本郵便 国際発送
  • DHL
  • FedEXなど
  • 国内発送でも日本郵便やヤマト運輸などメジャーどころがあげられます。

気になる料金は?

料金体系は

  • 月額割引プランが1,900円 / 100件
  • 重量課金プランが30円 / 1 件 という神対応な出荷システムです。

従来の生活様式、利用ツール

従来の自社発送は、多くの輸出ビジネス実践者と同様に、日本郵便 国際発送一本での発送であり、EMSの長さなどを超過する商品は、発送代行業者を経由したクーリエの活用でした。利用するツールは、eBayの公式から外れたとはいえ、eBayシッピングツールが使い易いです(参考記事はこちら)。

今後の生活様式、利用ツール

今後の発送は日本郵便が復活しなかったら(復活はして貰いたいですが)、クーリエ一本になるとしたら...と考えますよね?さらに、DHL、FedEXの料金表を比較すると地域によっては送料に差分があり、DHLを使った方がメリットがある場合、FedEXを使った方がメリットがある場合などがあります。

利用するメリット

送料比較

利用するメリットはこれしかありません。発送する業者によっては果たしていくらなのかが直ぐにわかる。

例えば、Flyerのみであるなどの商品特性に応じた発送手段になりますが、無在庫輸出の場合は、比較的、何でも発送する事が多くなります。

その時に、日本郵便だといくら、DHLだといくら、FedEXだといくらかかるなどの料金シミュレーションだけで1件あたり非常に時間がかかってしまいますが、効率化が図れます。

宛先情報の連携

クーリエシステムで直接送り状を作成するのが一番確実であり、私も4月からそうしていましたが、とにかく面倒...

最初は良いのですが、なるほど~こう使うのね~など新しい知識の習得として面白がっていましたが、外注さんに使って貰うにはハードルが高く、送り状作成ツールを自社開発しようとしていたのですが、本ツールを利用することで全く必要がないことが分かりました。

まとめ

いかがでしたか?本記事は輸出入マルチプレイヤー向けの送り状作成ツール Ship&Coの使い方、使えるプラットフォーム、運送会社、料金、メリットなどを紹介させていただきました。送り状作成の効率をあげて、リサーチに時間をつくりましょう

一条のメルマガでは、最新の海外転売、グローバルせどり、ebay輸出ビジネスに関する様々なノウハウをお届けしてします。下記のフォームにご登録をしてください。

一条公式メールマガジンのご登録はコチラ

副業輸出転売 高利益リサーチメソッド【10日間集中マスター講座】はコチラ

公式LINE友達追加で豪華三大特典は
友だち追加
最新情報を一早くお届けしています。
@jhy6952g

1日1時間の副業スタイルで月収100万円チャンネル

月収29.6万円達成プロジェクトのご登録はコチラ

eBay輸出フリマハンターはコチラ