【eBay輸出】未払いバイヤーに自動でケースをオープンする方法 / Unpaid item Assistantの設定方法[完全保存版]

【eBay輸出】未払いバイヤーに自動でケースをオープンする方法 / Unpaid item Assistantの設定方法

あなたは未払いバイヤーに自動でケースをオープンにする方法を知っていますか?eBayでは商品が販売されてもバイヤーから支払いがない場合は「Open unpaid item case」からオープンケースする必要があります。本記事では、Unpaid item Assistantの設定方法を解説します。

このオープンケースを忘れてしまうと、以下の問題が発生してしまいます。

  • eBayのFinal Value Fee(落札手数料)がそのままとなり、10%が返金されない。
  • 商品の再出品を忘れて、販売の機会ロス、有在庫の場合は、陳腐化してしまう。

このようなことを防ぐために、オープンケースは自動化して、作業効率のアップ、うっかり作業を忘れてしまうなどが起こらないようにしましょう。

Unpaid Item Assistantとは?

Unpaid Item Assistantとは、eBayプラットフォームにおける自動でケースをオープンする設定方法です(eBay.com 関連URLはこちら)。その設定方法を解説させていただきます。

Unpaid Item Assistantの設定方法

Seller Hub(My eBay)のPerformanceタブからSeller Levelから設定する方法とPreferenceから設定する方法があります。結局の所、同じですので、本記事では、Preferenceからいく方法を解説します。

Account > My eBay Views > Site Preferenceをクリックします。

下にページをスクロールしていくと 、「Unpaid Item Assistant 」という項目があり、右側に表示される Edit をクリックします。

すると以下の設定画面になります。

それぞれの項目は

  • 商品落札後、自動でオープンケースするまでの日数 を選択します。
  • 処理が行われた事をメールで通知する設定です。Real-time のままで大丈夫です。
  • 支払いがない場合、自動的に再出品するかの設定です。Yesにします。
  • Excluding Listは、自動でケースをオープンしたくないバイヤーはバイヤーのIDを入力します。

最後にSave をクリックすると Unpaid Item Assistant の設定は完了です。

自動でケースをオープンする設定における注意点

注意しておきたいのは、ここで、リピーターやまとめ買いをしてくれるバイヤーは、Excluding Listに入れておかないと自動でケースがオープンになってしまいます。オークション形式で出品している商品をまとめ買いしてくれる場合は、最初の落札から最後の落札まで日数が開いている場合があります。これを回避するために以下2点に注意する必要があります。

  • 自動でケースをオープンする日数を調整する
  • 自動でオープンケースしたくないリピーターやまとめ買いしてくれるバイヤーはExclusion list にそのバイヤーのIDを入力しておく

この2点に注意しておきましょう

 

一条のメルマガでは、最新の海外転売、グローバルせどり、ebay輸出ビジネスに関する様々なノウハウをお届けしてします。下記のフォームにご登録をしてください。

一条公式メールマガジンのご登録はコチラ

副業輸出転売 高利益リサーチメソッド【10日間集中マスター講座】はコチラ

公式LINE友達追加で豪華三大特典は
友だち追加
最新情報を一早くお届けしています。
@jhy6952g

1日1時間の副業スタイルで月収100万円チャンネル

月収29.6万円達成プロジェクトのご登録はコチラ

eBay輸出フリマハンターはコチラ