Amazon FBAに対抗したeBayが2020年よりManaged Deliveryサービスの開始

Amazon FBAに対抗したeBayが2020年よりManaged Deliveryサービスの開始

2020年に向けてeBay輸出実践者にとって気になるeBayプラットフォームの動向を解説しますその1つがManaged Deliveryサービスの開始です(eBayのアナウンス記事はこちら 2019年6月24日)

Managed Deliveryサービス

記事によれば、eBayはサードパーティ会社と提携し、事前にアメリカの物流拠点に荷物を保管しておき、注文が入ったら出荷、発送します。AmazonのFBAサービス(Fulfillment By Amazon)と同様のサービスの提供を開始する事になります。その名称をManaged Deliveryサービスと呼んでいますアメリカ国内だけでも150万個以上の荷物がeBayのセラーからバイヤーに届けられており、今後、Managed Deliveryサービスでは、外箱にeBayのロゴ入り段ボールで発送される事になります本サービスによって、セラー、バイヤーにとってのメリットを以下に記載します

eBayセラーにとってのメリット

  • eBayプラットフォームという巨大なマーケットを背後に、倉庫の保管量は安いレートが適用される
  • シンプルで早い発送サービス:2日以内に到着を目標にした早い発送スピード
  • カスタマーサポート:発送や返品などのセラー保護や良い評判
  • 売上の向上:より早く、信頼性の高い発送を実現
  • eBayロゴ入りパッケージ:エコフレンドなロゴ入りパッケージ

eBayバイヤーにとってのメリット

  • 無料
  • 早い発送
  • 追跡番号が100%ついている信頼性 など

日本人セラーとして直近の対策

バイヤーにとっては無料だったり早い発送だったりとメリットは多いので、少なからず、日本人セラーに影響が想定されますが、直近としては、以下の対策を講じる必要があると考えます
  • 取り扱い商品:よりエッジの効いた商品(予約商品、限定商品)へ取り扱い商品を移行する
  • 送料:商品本体に含めてFree Shippingにする
まずは、米国人セラーだけの米国向けの限定サービスになると思いますが、将来的には、米国アマゾンと同じように、日本人セラーでもManaged Deliveryサービスに納品できる事になると思います。

eBay輸出における無在庫販売はオワコンなのか?

それでは、eBay輸出における無在庫販売はオワコンなのか?という論点がでてくると思いますが、現時点の私の結論は「それはない」と断言しますアマゾン輸出というプラットフォームをみても、アマゾンFBAサービスの開始は2009年であり、10年前です(詳細はこちら)10年経過した段階で、確かに、Amazon輸出における無在庫販売は規制が厳しくなりました。eBayプラットフォームがサービスを開始するのが2020年なので2030年頃には...いえ、もっと早めに規制は厳しくなるでしょう。恐らくこの先の5年間が一つのマイルストーンかと思いますその前に、在庫として予め在庫として保管しておく事を念頭にしたリサーチの精度向上は必要になってきます。将来に備えたスキルのブラッシュアップは意識しておきましょう。それから、私自身は無在庫販売をしつつ、IEC限定の中古ブランド品卸グループを活用した有在庫での中古ブランド転売を実践しています現在はそうですね。無在庫販売95%、有在庫販売5%位の割合ですが、eBay輸出プラットフォームの動向次第では、シフトチェンジするかもしれません。ただし、現時点は、無在庫販売に軸足を置いたままというスタンスに変更はありませんどこまでイケるのか検証したいですあなたはどのような対策を講じますか是非、コメントをよろしくお願いいたします
一条のメルマガでは、最新の海外転売、グローバルせどり、ebay輸出ビジネスに関する様々なノウハウをお届けしてします。下記のフォームにご登録をしてください。
eBayセラージャックを使って収益をあげる方法

eBayセラージャックを使って収益をあげる方法を知りたい方は、eBayセラージャックを使ってわずか5か月で29.6万円を稼ぐ方法をご覧ください。

越境EC通販ビジネスプロジェクト

越境EC通販ビジネスの仕組みを構築する説明会を知りたい方は、越境EC通販ビジネス説明会をご覧ください。

一条公式メールマガジンのご登録はコチラ

副業輸出転売 高利益リサーチメソッド
【10日間集中マスター講座】はコチラ

公式LINE友達追加で豪華三大特典は
友だち追加
@566vcyjm
1日1時間の副業で月収100万円チャンネル

月収29.6万円達成プロジェクト<セラージャックの秘密を大公開>の参加はコチラ

ヤフオクジャックはコチラ
メルカリジャックはコチラ