The following two tabs change content below.
『年収倍増計画』  人生何が起きるか分からない。 現役サラリーマンのまま、会社に頼らず自分で稼いぐ。 一生涯、稼ぎ続けるスキルを身につけて、ノマドライフを手に入れる エリートだった40歳の男がリストラ! そこから這い上がった男の逆転劇 インターネット輸出で人生を変えたある一人の男の物語 現役サラリーマンのかたわら、 1日1時間の副業スタイルで最高月収300万円を達成した管理人が ブログを閲覧されてくれたあなたの役に立つ情報を提供します
LINEで送る
Pocket

有在庫と無在庫はどちらがよいのか

 

最近、

中古カメラ転売を継続して実践されていて、

無在庫販売を模索されている方から

ご相談を受けております。





有在庫と無在庫のメリット、デメリットを

比較した記事はこちら

私が徐々に無在庫へシフトした経緯をアップしています







eBay輸出で約50品の出品で月収20万円程度という事から

有在庫か特定商品のリピート販売と思っておりましたが、

中古カメラ転売をされている方でした。



ラインでやりとりさせていただくと

やはり

資金管理に行き当るということでした。



在庫販売の特徴


在庫販売の特徴をあげるとすると以下になります。



1. 在庫を仕入れするために資金が必要で、資金繰り、キャッシュフローが悪い。



2. リサーチ、仕入れが肝



3. 雑務地獄









物販で利益を増やしたい場合は、



月収をあげるには出品量を増やすということ

2つの方向性

 

物販の特性を考えると、方向性は2つしかありません。

▼方向性その1


 中古カメラで在庫を積みまして、出品量を増やす

 銀行からお金を借りて在庫にして販売するという方向性



 事業のリスクはキャッシュフロー、資金繰りです


▼方向性その2

 無在庫販売をミックスして、有在庫とのハイブリッドで出品量を増やす

先ほど述べた在庫販売の特徴から



1. 在庫を仕入れするために資金が必要で、資金繰り、キャッシュフローが悪い。



⇒ 出品数を大幅に増やしても、抜群にキャッシュフローがよい。ノーリスク





2. リサーチ、仕入れが肝



⇒ 変わらず、リサーチが肝

  ただし、出品がそのままリサーチという考え方も取れる

  ヘッド以外の戦い方も可能(テール商品の大量出品など)





3. 雑務地獄



⇒ 変わらず、ただし、抜群に外注化、手離れしやすい





 事業のリスクは、思い尽きません…

 あえて言えは、時間管理でしょうか







有在庫と無在庫のハイブリッドでの戦い方を

お奨めさせていただきます!





一条が推奨する

無在庫販売は新品に限定しておりませんが、

その論拠はこちらとなります








今後も

輸出ビジネスで得た稼ぎ方のスキルと、

最新のインターネット物販ビジネスの

リアルな情報をお伝えしてまいります

LINEで送る
Pocket