この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

The following two tabs change content below.
夜1時間の副業で、昼間8時間の労働以上の収入とやりがいを手に入れることをモットーとする『年収倍増計画』を伝えていく ebay輸出とはebayを活用した輸出ビジネスに取り組む方法であり、このebayを使うことで、個人や小さな会社でも、簡単に貿易ビジネスができます。 高利益時短リサーチで最高月収300万円稼いだ副業の稼ぎ方を公開しています。リストラされた同じ境遇の方や自信のない方を手助けするために情報発信を始めました ⇒ メルマガはコチラ ⇒ 高利益リサーチメソッドはコチラ
LINEで送る
Pocket

eBay輸出のShipping Policy(シッピングポリシー)の設定③[完全保存版]

シッピングポリシーの設定(完全版)

US内で、SAL便、epackets、EMSいずれか、すべてかを設定します。

インターナショナルシッピングも同様にです。

 

ビジネスポリシーの設定

ビジネスポリシーの設定はこちらを参考にしてください

Account-Business Policies でビジネスポリシーを確認できる画面にいきます

 

シッピングポリシーの設定

TypeがShippingというのがシッピングポリシーです

 

Domestic Shipping

米国への発送の設定です

Economyで発送する時はFree Shipping、

SAL便で発送が一般的ですが、私は、epacket LightかePacketsです

Standardで発送する時は、epacketsで発送

Expedited Shippingは、EMS発送と区別しています。

発送スピードにあわせて、発送料をいただく考え方です。

 

下のサンプルをこのままご利用可能です。

International Shipping

米国以外の地域への発送を設定します

Flat : same cost to all buyers を選択します

Ship to は以下の設定の場合は、

南米にはFree Shippingは実施しないという設定です

メキシコやブラジルなど送料は高いですよね。だからこの設定です

 

次にStandard Shippingの設定です。

そして最後がExpedited Shippingの設定です。

 

私の1stアカウントはビジネスポリシーが適用される前のアカウントでしたので

発送先の設定が4個まででしたが、

比較的新しいアカウントは5個まで設定できるようになっています。

 

ですので、

南米を除いた全世界への発送を3パターン

南米向けの発送を2パターンとして、計5パターンにしています。

全部がこの設定という訳ではなく、

商品やカテゴリーなどによって使い分けているという感じになります。

この設定は1つつくっておくと便利ですよ。

 

発送除外国の設定

発送除外国は、US Protectorates, APO/FPO, Japan, PO Boxなど除外します

発送除外国の設定はこちらを参考にしてください

LINEで送る
Pocket

一条公式メールマガジンのご登録はコチラ

 

イーベイ輸出 高利益リサーチメソッド【10日間集中マスター講座】はコチラ