この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

The following two tabs change content below.
『年収倍増計画』  人生何が起きるか分からない。 現役サラリーマンのまま、会社に頼らず自分で稼ぐ。 エリートだった40歳の男がリストラ! そこから這い上がった男の逆転劇 インターネット輸出で人生を変えたある一人の男の物語 現役サラリーマンのかたわら、 1日1時間の副業スタイルで最高月収300万円を達成した管理人が ブログを閲覧してくれたあなたのために役に立つ情報を提供します ⇒ メルマガはコチラ ⇒ 高利益リサーチメソッドはコチラ
LINEで送る
Pocket

eBay輸出を実践していると、徐々に、eBayからの出品は面倒になってくるようになります。

eBay画面から出品すると、1品あたりの出品スピードは遅い、効率的に出品する方法を模索し始めますね

「Sell Similar」でも、タイトル、画像、UPC、Item Specific、Item Descriptionを修正するのに割と時間がかかるのではないでしょうか?

 

最初の出品ツール

私は、2013年の5月にeBay輸出を開始し始めて、

最初は無料だったのでTurbo Lister…

秋頃には、既に出品ツールを使っていました。

出品数が500品を超えたタイミングでツール導入を検討し、当時は「Merchantrun」を利用しました

あまり知られていないですが、「Merchantrun」は海外の出品ツールです

 

ライバルセラーのitem id を入力すると、画像を含めて、そのまま出品ページのドラフトになる優れものでした。

そして月額手数料とかは記憶ではなかったと思います。

(このライバルセラーから根こそぎ抽出、出品するという考え方は当時から発想していました)

「Merchantrun」で出品した商品が落札されると手数料が払われる仕組みでした。

当時、不思議に思って調べたら

出品ページに「Merchantrun」というマークがあったんですね。

試しに、そのマークを出品ページから削除した所、落札されても、手数料がかかりませんでした。

「これ、いけるじゃーん!」と有料出品ツールを無料で使っておりました笑

(当然、今はもう通用しませんし、サービスを継続しているのか不明です)

 

出品ツールを導入するタイミング

出品数が500品を超えたら、出品ツールを検討、導入するタイミングかと思います。

私のeBay輸出の仲間には、1,000品を目視による価格改定を行っている強者がいますが、

副業で月収50万円を達成しています(さすがに目利きが効くんですね)

 

月収5万円を超えるようになったら、出品ツールの導入を検討する時期かと思います。

やはり、無在庫販売は、出品数に比例します。

出品数を増やすためには、「作業の効率化」x「外注化によるレバレッジ(手数を増やす)」しか方法がありません。

作業の効率化には出品ツールが必要な武器(ツール)になります

 

出品ツールを選ぶ判断基準

それではどういう基準で出品ツールを選択すればよいのかですが、私は、以下を観点を選択基準にしています

  • 投資対効果の観点
  • 効率化の観点
  • 外注化の観点

投資対効果

 「投資に見合ったリターンは見込めるか」

 当然、ボランティアではありませんので、その自己投資に対して、リターンは見込めそうか

効率化

 「eBay標準機能での出品は、1品の出品するのに、5分かかるとしたら、出品スピードはどこまで短縮できるのか」

 1分で出来れば出品量すると5倍になります

外注化

 普及しているか、外注さんも使いやすいか

 

それでは、出品ツールを比較してみたいと思います

 

おススメ出品ツールの比較

 

ファイルエクスチェンジ(File Exchange)

 

 

 

 

 

 

 

最後は、やっぱり、これしかありません!

eBayが提供する大量出品CSVであり、費用が無料です。

個人用にいろいろとカスタマイズができます。

ただし、使い勝手は悪いので、習得に時間はかかります。

 

この流れを作れたら費用もかからず、外注さんが出品できますので、最終系として、目指す姿ですね。

 

リサーチ結果をスプレッドシートへ登録する(外注さん、自分)

スプレッドシートをFile Exchange形式に変換する

eBayにCSV形式で出品する

 

SAATSコマース

ここまで充実してくると手放せない出品ツールとなりますが、月額8,900円かかります。

リサーチ&出品機能

送り状作成機能

外注用アカウント管理、権限

メール送信機能

それ以外に、もAmazon輸出の送り状作成、オールインワンの出品ツールです

ツール開発の参考秘話はこちら

 

InkFrog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中で一番使われている出品ツールです

SAATSコマースほど高くありません。1500品であれば、月額15USDです

出品数に制限がないものは、24USDとなります

SopifyやBig Commeceにも応用がきくのがとても優れています

SAATSコマースは少し割高と考える方にはおススメします

 

オークタウン for eBay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

eBay公認の無料出品ツールです。

ちょっとだけ使ってみましたが、CSV出品するなら、なぜ、File Exchangeではないのかと疑問に思ってやめました。

File ExchangeのCSVを覚える、オークタウン for eBayのCSVを覚える と二度手間です

https://www.ebay.co.jp/selling-support/tools/overview-seller-tools/

 

ターボリスター(Turbo Lister)

eBay標準機能のため無料で使えましたが、データをローカルPCにしか保存できませんでした。

数年前に、Discontinue(廃止)のアナウンスがありましたので、使う必要はありません

https://www.ebay.co.jp/selling-support/tools/toolsbase-tools-comparative-chart/


 

File Exchange花満開

 

 

 

 

 

 

File Exchangeを使える人で、月額費用をかけたくない方はこちらも活用できます

 

まとめ

私の中でのおススメは以下になります

  • File Exchange
  • SAATSコマース
  • inkFlog

 

他にも有償ツールが存在していることは承知していますが、

  • 自分が使ったことがないツール
  • 塾やスクール限定ツール

これらを評価するには失礼にあたりますし、現役プレイヤーですので、ツール評価に時間をかけるくらいなら、出品しろって話ですね!

 


LINEで送る
Pocket

一条公式メールマガジンのご登録はコチラ

 

イーベイ輸出 高利益リサーチメソッド【10日間集中マスター講座】はコチラ