この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

The following two tabs change content below.
『年収倍増計画』  人生何が起きるか分からない。 現役サラリーマンのまま、会社に頼らず自分で稼ぐ。 エリートだった40歳の男がリストラ! そこから這い上がった男の逆転劇 インターネット輸出で人生を変えたある一人の男の物語 現役サラリーマンのかたわら、 1日1時間の副業スタイルで最高月収300万円を達成した管理人が ブログを閲覧してくれたあなたのために役に立つ情報を提供します ⇒ メルマガはコチラ ⇒ 高利益リサーチメソッドはコチラ
LINEで送る
Pocket

果たしてアマゾン仕入でも利益がでるのか

 

昨日は、都内某所にて勉強会を実施し、その後、質問をいただきましたので共有させていただきます

アマゾン仕入で新品無在庫は利益ができますか

Sold listingから価格差を見つけて

同じものをアマゾンから仕入れる場合

新品無在庫販売は今は難しいと感じ、不安になりました。

一条さんの方では、

アマゾンを仕入れ先とする新品無在庫で

まだまだ利益を出すことはできているでしょうか?

 

回答:利益がでているものもあります

アマゾン仕入の成果

実際、私の一回目のブレイクスルーポイントはアマゾン仕入です

ツールに特化しなくてもリサーチスキル一本で稼げます

それは時代とともに陳腐化するのではないかと思われるのもアレですので

証拠画像を貼り付けます

本来であれば、私のSold Listingとの価格差を示すのが望ましいですが、

セラーリサーチされるので(自分なら確実にやりますので)…

アマゾン注文履歴で勘弁していただきます

こちらは私の昨日のアマゾン仕入の一部です

1個4,000円位の利益はでています

アマゾンから仕入しています

 

なぜアマゾンになるのか

ここから先は

一般論として、

リサーチスキル一本で稼ごうと思えば、アマゾン以外にした方が分かりやすいですよね

 

ツールを使って稼ごうという場合、開発者目線に立つと、アマゾンが第一になります

なぜなら、これは、

売れ筋商品云々という以前に、

API(Application Programming Interface)が一番整備されているプラットフォームだからです

ツールで出品までをカバーすることを考えると、

どうしても、Amazon一辺倒になります。

開発者目線で、システム的には実装が楽だからです。

 

大事な視点は何なのか / ゴールに向けたMake Money 

ですが、一番肝心なのは、成果ですね。

成果はMake Moneyです。成果が出ているのかどうかという点がポイントになります

 

なぜ、私が、「リサーチ時間わずか1分」とかツールを開発しているのに、リサーチが重要と言っているかというと

(当たり前なのですが)

  • 転売は「リサーチ」が肝
  • 物販は「仕入れ」が肝 が基本原則です

 

実際、自分でもリサーチ&出品をやっていて、もっと早く、リサーチ&出品できたらといつも思います^^

ですので、

リサーチのスキルを磨きつつ、ツールに使われるのではなく、ツールを使いこなしていく必要があります

あくまで、リサーチスキル > リサーチ・出品ツール

出品をいかに楽にするかと考えるとAPIの関係で、アマゾン一辺倒になるので、あえてここは実装していません

アマゾン一辺倒になるのであれば、やらない方がいいです

なぜなら、出品は楽になりますが、仕入先縛りが発生するからです、本末転倒と思っています

(但し、先行してアマゾン輸出を実践しており、既に売れたASINを多数持っている方には当てはまりません)

 

Sold Listingからネットショップにあったらネットショップから出品すればいいですし、アマゾンにあるならアマゾンから出品すればいいんです。あくまでも、Sold Listingリサーチがベースとなります

 

キーワードリサーチ、セラーリサーチ

あくまでも、Sold Listingで

①利益がのっっている商品をみつける



②あ、このセラーは優良セラーだ



③ではこのセラーが売っているSold Listingを根こそぎ貰う



④利益がのっている他の商品リサーチを行う



⑤あ、このセラーは優良セラーだ



⑥ではこのセラーが売っているSold Listingを根こそぎ貰う

①、④は手動リサーチ③、⑥はツールを推奨しています

そして、派生出品を行う、ライバルがいなければ俺様価格で出品します。ライバルがいれば相場に合わせる

 

 

追伸(独り言)

  • メルカリ、ラクマか。仕入先を広げれば広げるだけ可能性は膨らみますね。検討しようと思います^^
  • 自分の儲けだけを考えたら、わずか1分でポチポチ出品とか言って、ツール販売者へ特化したらいいと思いますが、そういう行動は、そのうち行き詰ると思いますので、「利他の精神」を1ミリもぶらさずに、「IT業界一筋のスキルをもとにユーザーに還元できる仕組みを提供中」を貫くのが使命だと思っています

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

一条公式メールマガジンのご登録はコチラ

 

イーベイ輸出 高利益リサーチメソッド【10日間集中マスター講座】はコチラ